俺俺ペディア

マレーシアに旅行、移住、留学する前に読んでおくと便利なブログ。言語を学んでいる人や、外国語をステップアップさせたい人へのアドバイスも絶賛提供中です。

最強の社長と最高額のコーヒーに出会った話 その2|超裕福層の規模が半端ないマレーシア

f:id:oresamapedia:20150327163321j:plain

どうも。俺俺です。前回語った

「最強の社長と最高額のコーヒーに出会った話 その1」

の続きです。今回は2回目の若社長の訪問となります、いったい何が起こったのでしょうか。続きをどうぞ

前回の話はこちら 

 

とある日、日本に一時帰国する日が近かったときのこと。ふと思い出したのは、家族へのお土産。そして連想して思い出したのは例のコーヒー「コピ・ルアック」と若社長でした。「そうだ。あのコーヒーをお土産に買って帰ろう!」  

お値段なんと100g=6,000円なり!

そしてさっそく若社長に電話しました。

私「どうも。あの日本人の俺俺です。」

若社長「おお、ひさしぶり。どうした?」

私「あのですね、例のコーヒーを買いに行きたいのですが」

若社長「おお。今回はちゃんと準備できてるから、〜の日あたりに来て」

私「ところで、お値段が気になるのですが。グラムでいくらですか?」

若社長「200gで一万二千円くらいかな

私「ええ!そんなに高いの!?100gでいいので売ってください」

若社長「うち、200gずつしか売ってないんだけど、まあこっち来いよ」

f:id:oresamapedia:20150327165145j:plain

そして数時間掛けて彼のコーヒーショップの総本店まで出かけました。ちょうどお昼の時間だったので、チキンステーキとデザートをごちそうになりました。それから、彼のビジネスのこと、彼の家族のこと、ビジネスアイデアについて語り合いました。すると彼の口から恐るべき言葉が・・・

My寺院がある超お金持ち

若社長「うちな、自分の家で道教の寺持ってるんだ」

内心思いましたよ。「なに?自分の寺って。お寺って所有できるんだ。今そういうの流行ってるんだ、そうなんだ・・・。どういう規模の話だよ!」

f:id:oresamapedia:20150327165319j:plain

我が短き人生でもトップ3に入るくらいの驚きの発言を耳にしました。おわかりですか?この若社長はマイカーでも、マイハウスでもなく、マイ寺院をお持ちでいらっしゃる。お金持ちすごい(棒読み

マレーシアの経営者はやっぱり寛大

f:id:oresamapedia:20150327165419j:plain

今回のビジネストークにも大変満足頂けたようで、話は大盛り上がりでした。そして、だいぶ時間も経ったので、おいとますることにしました。そして、コピ・ルアクを買うから、おいくらですかと尋ねると。

彼は颯爽と一言

若社長「これあげるよ。

 いやいや。マレーシアで1万2千円なんていったら、大金ですよ。マレーシアの平均月収の三分の一ほどです。頂くわけにはいかないので、買います!と何度も言ったのですが、押し切られてプレゼントされてしまいました。もう感動!愛してるぜ若社長!

そして日本に帰って、私の家族が飲んで喜ぶ顔を思い浮かべながら、うきうきハッピーな気分で帰途につきました。

 

帰国後にコピ・ルアクを飲んでみて

これが、説明しにくい。味は唯我独尊、天下無双、唯一無二の味。コーヒーなのだが、類の見ない味でした。飽きの来ないあっさりした味わい、そしてコーヒーらしくない軽やかな味。ブラジル、ブルーマウンテン、アラビカ、マンデリン、コナ、どれと比較しても似た味はない。そんな感じでした。

ここから購入できるかも

http://www.luwak.com.hk/index.php

 

それではまた。

アディオス!

広告を非表示にする