読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺俺ペディア

マレーシアに旅行、移住、留学する前に読んでおくと便利なブログ。言語を学んでいる人や、外国語をステップアップさせたい人へのアドバイスも絶賛提供中です。

Raspberry Pi2でOpen JtalkのMeiちゃんの声を出せるようにする手順

http://www.flickr.com/photos/25451699@N04/3085846503

photo by tataquax

どうも俺俺です。Raspberry Pi2に声でメッセージを伝えて欲しかったので、OpenJtalkとMeiをマイラズベリーパイにインストールしてみました。画像は人工音声の代表初音ミクです。

他のウェブサイトの方法そのままで通用しなかったところを補足しながら説明したいと思います。

 まずは、参考にさせて頂いたウェブサイトはこちら

Open JTalk (テキストを音声へ変換)をインストールし、使ってみる | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

結論から言うと、このままやったら音声を出力できなかった。自分でOpenJtalkのドキュメントを読んで設定を変えたらできるようになりました。

 

ホームディレクトリで作業することを想定して説明します。

ステップ1(hts_engine API

ホームディレクトリで作業することを想定して説明します。

$ wget http://downloads.sourceforge.net/hts-engine/hts_engine_API-1.09.tar.gz 
$ tar -xfz hts_engine_API-1.09.tar.gz 
$ cd hts_engine_API-1.09

[hts_engine_API-1.09] $ ./configure
config.status: creating Makefile
[hts_engine_API-1.09] $ make
[hts_engine_API-1.09] $ sudo make install 

一応インストールができているか確認

[hts_engine_API-1.09] $ which hts_engine
/usr/local/bin/hts_engine

ここまでくれば、インストール完了

 

ステップ2(OpenJtalkをインストール)

$wgethttp://open-jtalk/open_jtalk-1.08.tar.gz ...

$ tar -xfz open_jtalk-1.08.tar.gz

$wgethttp://open-jtalk/open_jtalk-1.08.tar.gz ...
$ tar -xfz open_jtalk-1.08.tar.gz
$ cd open_jtalk-1.08

 [open_jtalk-1.08] $ ./configure --with-hts-engine-header-path=/usr/local/include --with-hts-engine-library-path=/usr/local/lib --with-charset=UTF-8

config.status: creating Makefile ...

[open_jtalk-1.08] $ make ...  

[open_jtalk-1.08] $ sudo make install

 

confugureで以下のオプションを実行している

--with-hts-engine-header-path : hts_engine_API のインクルードパスを設定

--with-hts-engine-library-path : hts_engine_API のライブラリパス

--with-charset : テキストの文字コード

 

最後にインストールが完了したか確認

[open_jtalk-1.08] $ which open_jtalk /usr/local/bin/open_jtalk

 

ステップ3(Meiちゃんの声ファイルをダウンロード&解凍)

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/mmdagent/MMDAgent_Example/MMDAgent_Example-1.4/MMDAgent_Example-1.4.zip

$ unzip -q MMDAgent_Example-1.4.zip

これでメイちゃに声を出してもらえる準備が整いました

 

ステップ4(OpenJtalkをコマンドから実行)

参考にしていたウェブサイトの通りに実行。めいちゃんに朗読してもらうテキストファイルはsample.txtとしました。

$ open_jtalk -m ./MMDAgent_Example-1.4/Voice/mei/mei_normal.htsvoice -x /usr/local/dic -ow ./mei_normal.htsvoice.wav sample.txt

辞書ファイルかHsvoiceファイルの指定が間違ってるよ!とエラーを吐かれる・・・。指定しているファイルの場所が間違っていると思い、"-m"オプションで指定しているmei_normal.htsvoiceのある場所と、"-x"オプションの指定している場所を確認してコピペしました。

open_jtalk -x /usr/local/dic -m /home/pi/MMDAgent_Example-1.4/Voice/mei/mei_normal.htsvoice -ow output.wav sample.txt

これでMeiちゃんの朗読してくれたwavファイルが出力されました。

 

Raspberry Pi2 Model B ボード&ケースセット (Standard, Clear)
 

 

広告を非表示にする